★医療専門学校で学ぶなら理学療法士がおすすめ!ニーズの高い国家資格だから進路も充実!★

医療専門学校のなかで人気のある学科の1つとして理学療法学科があります。理学療法学科は、その名の通り理学療法士を養成するが学科ですが、国家資格であるため将来性もあり目指す人が多くなっています。理学療法士とは、医師の指導のもとで、身体的なリハビリテーションを行うスペシャリストです。実際、超高齢化社会の現代では、身体の機能維持、回復の専門家である理学療法士のニーズは高まっており、国もその重要性から理学療法士の認可数を増加し、多くの理学療法士が誕生しています。その結果、理学療法士が世間に周知されるようになり、現在ではたくさんの理学療法士が様々な分野で活躍しています。前述したように介護福祉関係の職場で働く人もいれば、総合病院のリハビリテーションセンターやリハビリ施設がメインとなります。さらには、スポーツトレーナとして選手のリハビリや運動機能のケアを行っている人もいます。医療専門学校の理学療法学科では、リハビリの知識やスキルをテキストや器具を使って学ぶとともに、実習プログラムでは実際に現場で働き、実践スキルを身に付けて即戦力として活躍できる人材に育てます。また、卒業後の国家試験に合格しないと理学療法士になれないので、医療専門学校では試験対策の授業を行い、合格に向けて徹底サポートを行っています。したがって、多くの医療専門学校では、理学療法士の国家試験合格率が全国平均よりも高い数字となっています。また、就職支援も充実しており、多くの学校で9割超える高い内定率を実現しているため、卒業後の進路は安心です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です