★b型肝炎訴訟で給付金をもらうなら弁護士事務所に依頼するほうが効率的です!★

b型肝炎訴訟により国を相手取り長らく損害賠償請求が行われてきましたが、2012年1月施行の法律により、和解が成立すれば50万円から最高3600万円の給付金が支払われるようになりました。そもそもb型肝炎訴訟とは、昭和23年から63年までに実施された集団予防接種の際に、注射針の使い回しによってb型肝炎に感染した人が国に損害を求めた裁判です。この時期に予防接種を受けて感染した人は全国で43万人いると言われています。ただし、2012年1月に施行された法律には期限が設定されており、平成29年1月12日までに申請しなければ給付金を受け取ることができないため、注意が必要です。申請方法は厚生労働省のホームページなどで確認することが可能ですが、おすすめは法律事務所に依頼することです。弁護士に依頼すれば、必要な書類を揃えるだけで、あとの専門的な手続きは全て代行してくれるため効率よく確実に給付金申請を行うことが可能です。費用がかかると懸念している人も中にはいるかもしれませんが、b型肝炎訴訟の実績が多い法律事務所であれば、相談や調査費用は全て無料で引き受けてくれる場合が多いです。さらに、成功報酬に関しても、b型肝炎ウィルスに感染して慢性肝炎などを発症している人は給付金の8%が対象となりますが、4%は国が負担してくれるため実質自己負担は4%で済みます。また、症状が出ていない人でも成功報酬の2万円を国が負担してくれるため、自己負担額は5万円で済みます。一人で申請するのは大変なので、まずは無料相談から依頼して自分が給付金を受け取れるか確認してみるだけでも利用してみることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です